上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


IMG_0842 (640x427)

 たまにはちょっと違う感じで撮ってみようということで。
 波打ち際の夕陽です。
 なかなか真ん丸には写りませんけど、これはこれで面白いかと。

 が、そんな夕焼け写真も、もちろん、沈む冬の星座も桜と菜の花も、しばらくは撮りに行けなくなりそうでございます。

 うが・・・
 4月のシフトを見て、心の底からげんなり・・・。

 7連勤って・・・マジ???
 ワタクシ、この部署でもかなりの高齢グループなんだけど・・・
 もちっと労わってくれてもいい気がするんだけど・・・
 これから桜も咲くし、菜の花も満開だし、月も綺麗になるしで、休日と仕事終わりの写真タイムが楽しみなんだけど・・・


 はぁ・・・・これで休日や仕事帰りに写真撮りに遠出したら、間違いなく月半ばでダウンするだろうなぁ。

 まぁ、そもそも人手が足りてない職場ですし、人手が足りてないからこそ、ワタクシの様な「派遣」が雇ってもらえるわけでして、そこンとこは持ちつ持たれつな部分もございますけどね。
 しかし、これは酷い。
 喜界島でだって、こんなしんどいシフトは無かったけどなぁ・・・。

 まぁでも、一度決まったシフトには一切文句言わないってのが、ワタクシのささやかなポリシーでございますので、ここはユンケル&リポDをドーピングしまくってでも乗り切るしかございません。
 なんとか体調崩さずに、4月を乗り切りたいものでございます。


スポンサーサイト
テーマ : 今日のつぶやき。    ジャンル : 日記
2017_03_31


IMG_0788 (640x421)
(浮島海岸にて   「沈むオリオン、おうし座と東海道の明かり」)

 冬の星座というのは、大層派手でございます。

 なにしろ、一等星(厳密には1.5等級以上の星)が、四季の中で一番多い。
 そして、そのほとんどが、比較的狭いエリアに集中しています。
 有名どころで、オリオン座のリゲルとベテルギウス
 おおいぬ座のシリウス
 こいぬ座のプロキオン
 ふたご座のポルックス。
 おうし座のアルデバラン
 ぎょしゃ座のカペラ
 そして、喜界島では当たり前に見えていたけれど、内地に帰ってからはまだ一度も見た事も無い、りゅうこつ座のカノープス・・・

 カノープス以外は、普通にちょっと首を動かすだけで、視界に入れる事が可能です。
 全天で21個しかない1等星がこれだけ集まっていれば、そりゃもう、派手なのは自明と申せましょう。

 ま、歌舞伎で言えば、千両役者のそろい踏み。
 映画で言ったら、ジャニ系含む若手から中堅、ベテラン、大御所に至るまで、普段は主役張ってる人が画面に一斉に出たようなもの(してみると、「カノープス」は渡辺健さんみたいに、ハリウッド進出組かもしれませんなぁ)。
 一昔前のNHK大河ドラマなんか、まさにこの状況にピッタリで、文字通り綺羅星のような人達が全部出演してる様なものでございましょう。

 それぐらい、派手で華々しい、冬の星座でございますれば、春先になって西に沈んでいく光景も見事なものでございます。

 西伊豆から見る西の空には、当然の様に街の明かり。駿河湾越しで距離にして50Km以上ある上に、ほぼ真夜中だというのに、↑のごとしでございます。
 それは天文ファンとしては、ありがたくない。
 しかし、この街明りの影響で、西に沈む星々は、光の中に呑みこまれるように、溶けるように消えていくのでございます。
 それはそれで、なんともまた、美しい。日の出の直前に夜が溶けて消えていくのとは、また違った印象の美しさだとワタクシには思えます。
 そんなわけで、桜や菜の花も撮りますが、夜はもっぱらこの「沈む冬の星座」を追いかけて、西伊豆の海岸を徘徊しようかと思っております。
 

 
テーマ : 今日のつぶやき。    ジャンル : 日記
2017_03_22


IMG_0634 (640x427)


 伊豆に来て、もうすぐ一年になろうとしています、吉野御前にございます。
 最初は半年の契約でやって参りました伊豆でございますが、秋に契約を更新して3月までに。
 そして、なんだかんだといろいろ迷う事もありましたが・・・・ってか、実は今でも迷っているのですが、またまた派遣期間を更新しまして、夏まで伊豆にいる事になりました。

 とはいえ、喜界島の時とは違って、積極的に残りたいと思っているわけではございません。
 本音を言えば、今でも喜界島へ帰りたい。それが駄目なら、他の職場へ移りたい。ワタシの仕事はいつから「牢番」になったんじゃ?!と、日々憤りと空しさを感じているのですが・・・。
 我ながら「歳とったよなぁ・・・」と思うのですけれど、以前より移動を億劫に思うようになっておりましてねぇ。
 若い頃は、毎日違う現場へ仕事に行ったり、一日に2件掛け持ちして都内を電車で横断してもそれほど苦痛には思わなかったものです。ネットで見た情報だけで、ポーンと「喜界島」なんて場所まで仕事に行って3年近く住みついちゃったり。

 なのになぁ・・・

 仕事の遣り甲斐とかあんまりないのに、新しい職場に移動してまた一から人間関係を作るしんどさや、引っ越しの面倒さ、経済的な打算の方が、ポイントとしては大きくなっちゃってて。

 これをして友人は「やっと大人になった」と言いますが、ワタクシとしては「歳とってエネルギーが無くなった」気がしてなりません。
 
 それがちょっと、怖い。
 というか、う~ん。
 「人生なんて、こんなもんだよなぁ・・・」って思ってしまう自分が嫌。

 ああ、ひょっとかして、ひょっとかしたら、復活篇での古代君も、こんな風に思ったりして、それでポイッと地球を出て行っちゃったりしたのかもしれないなぁ・・・・なんて、今頃になって変な親近感が湧いたりしております。

 まぁ、ワタクシの場合は所詮「派遣」ではございますし、古代君みたいに責任を負うべき「家族」がいるわけでもございませんので、雇ってくれている職場への義理を果たして、自分自身の老後と生き死にのみ責任を負えば良いだけの事ですがね。

 ともあれ、もうしばらくの伊豆暮らし。
 職場でやる気モードになれない分だけ、写真とか、かつての仲間とのやり取りが、ワタクシの情熱と癒しの場になりそうでございます。
 先ずは、もう少し暖かくなたら、懐かしい仲間たちと、一献傾ける場を設けましょうかね。

 ついでに、我が心の「母」とも言うべき仏様に会いに、またふらりと旅に出たいところでございます。


テーマ : 今日のつぶやき。    ジャンル : 日記
2017_03_20


IMG_0533 (640x427)

 2回ほどお腐りネタが続きましたので、お口直しに誰の目にも美しいモノを・・・・

 (いや、ホントはもっと語りたいんですよ?ほんと~に!
  トータカさんが、どんなに可愛くて隙だらけで、一途にお芝居大好きな俳優さんで、一生懸命「自分ブランド」を守ろうとしてつっぱてる姿がいじらしいかとか
 ちゅん太君が、天使で、キラキラパタパタしてて、でも、底の見えない闇も抱えてるみたいで、なんだか砂漠でのどが渇いた人が一滴の水を求めるようにトータカさんに執着してる事とか・・・・
 書きたいよぉぉぉぉぉ!
 でも・・・・ワタクシ、なんせチキンハートなのでして・・・まだやっぱり、大ぴらにお腐りネタを書くにはためらいが・・・・)


 桜の写真ばっかりアップしておりますが、実は、伊豆では菜の花も真っ盛りでございます。
 早咲きの河津桜よりも先に咲き初めまして、河津桜が散ってもまだ真っ盛りのまま。
 いや~、菜の花の生命力、凄いです。
 写真を撮ったのは、南伊豆にある菜の花畑。
 アップだとわかりませんが、実は下田と南伊豆を結ぶ幹線道路沿いにございますので、背景は今一つ。とはいえ、広さは結構ございます。観光バスなんかも止まって写真を撮るスポットになっておりますぐらいですので、定番スポットなのでしょうね。
 出来ればその全体をお見せしたかったのですけれど、どうにも気に入った写真が撮れなくて、断念しました。
 目で見ている分には問題ないし、美しいのですよ?
 でもそれを写真に撮ってみると、なんだか散漫でポイントの無いものになってしまってて、お見せできる代物になってなかったのでございますよ。
 まだまだ勉強が足りないなぁ、と思う次第でございます。
 まぁ、この生命力ですので、当分は練習できますでしょう。その間に一枚ぐらいは良いのが撮れたらいいなぁと思っております。
 あとですね。
 菜の花畑ももちろん壮観でよいのですけれど、何でも無い鄙びた山里の野辺に咲いている菜の花も良いものです。
 というか、菜の花の素朴で力強い魅力は、むしろそういった場所で撮った方が良いように思えますので、是非そういった一枚にチャレンジしとうございます。
 が、それには少々問題が・・・・。
 なんせ「鄙びた山里」です。片側一車線は当たり前。センターラインすらなく、対向もやっとという道が多いので、折角「良い構図だ!」と思っても、車を止められる場所が無くて通り過ぎるしかないのでございます。
 狙った写真が撮れるかどうかは、一重にワタクシの駐車技術かかっているといっても過言ではございません。



 拍手コメントありがとうございます。
 夜も更けて参りましたので、お返事は、明日まとめて・・・・。
 


テーマ : 今日のつぶやき。    ジャンル : 日記
2017_03_04


IMG_0446 (640x427)


 今度は南伊豆の夜桜を一枚。
 河津と違って、こちらは観光客が少なめ。
 おかげで、三脚をどっかり据えて撮っていられるのがありがたいことでございます。
 
 ライトに浮かび上がる桜は、やっぱり独特のムードと色気がございますねぇ。
 それはもちろん素晴らしいのですけれど、あまりに強烈なライトアップのため、星まで一緒に写すのはちと困難でございます。
 
 そうすると・・・・う~む。
 これはどうも、ライトが消える時間まで待った上に、月明かりをライト代わりにする必要があるか・・・

 月の満ち欠けと桜の盛り、加えてワタクシのシフトっていう三つの条件をクリアする日で、その日が晴れていないとダメっていう、中々に厳しい条件。

 さて、桜が咲いている間にそんな日は来るのでしょうか・・・。

 
テーマ : 今日のつぶやき。    ジャンル : 日記
2017_03_03


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

吉野御前

Author:吉野御前
 うっかり買ってしまった「ヤマト全シリーズDVD」で病が再発してしまったオールドファン。

 鹿児島県は喜界島に続いて、今度は伊豆の片田舎に期間限定で生息中です。

 

リンクバナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。