上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


IMG_0656 (420x640)


 先週の日曜日は、満月でございました。

 ご承知の通り、満月ってぇのは、月に一回しかございません。
 (まれに、二回ある月もあります。そういう時はブルームーンと申します)
 当然ですが、菜の花とか桜とかが咲いている上に満月の日なんてのになりましたら、それこそ、年に1回・・・早咲きだのナンだのを含めても、2回あればいい方でございましょう。
 しかもその日が「晴れて」いて「無風」なんていう条件まで付くと、これはもう、ホント運次第としか申せません。

 で、先週の満月は、まさにその好条件をほぼ全部満たした日でございました。
 ワタクシの手がムズムズしたのも、当然でございましょう。
 仕事を終えたワタクシは、夕食もソコソコに、車にカメラ一式をセット。自身はヒートテックに裏フリースのカーゴパンツ等で完全防備を固めまして、月が調度天頂に輝くころを狙って、車で一時間ほどのところにある菜の花畑へ夜間遠征いたしました。

 現地に着いたら・・・やっぱりね。雲がある(-_-;)
 いえ、まぁ、ワタクシ「曇り女」ですので、ある程度は想定内でございますよ? ちょっと、かなりがっかりはしましたが。
 それでもさすがは満月でございますね。十分な明るさです。
 昼間は観光客で一杯ですが、さすがにもうすぐ日付も変わろうかって時間には誰もいる筈がござませんので、遠慮なく三脚をセットしては、撮影の繰り返し。
 
 右も左も満開の菜の花。
 うす雲越しの満月が照らすと、生命力あふれる黄色も、現実感が失われて夢の中のように見えてきます。
 完全な無風とはいかなくて、ほんのり微風。なので、かすかに、微かに黄色い海が揺れています。
 辺りからは何とも言えない甘い匂いが漂っていて・・・・

 う~む。
 夜に香る花ってのは、ちょっとエロティック。
 そういえば井原西鶴だったかの作品にも「夜梅が香る」なんて表現で男色現してたっけ・・・。
 
 もちろんこの時点でワタクシの脳内には、目下お気に入りの「トータカさんとちゅん太君」のあれやこれやが浮かぶ訳です。
 夜の撮影とかで、こういうシーンがあれば綺麗だろうなぁ・・・。
 絵が書けたら、自分で撮った写真にイラスト入れられるのになぁ・・・。

 なんて。
 しかし・・・・あははのは。
 そんな妄想してるワタクシときたら、ニット帽の上にヘッドライトして、マフラーぐるぐる巻き。昭和の炭坑夫か八墓村かっていう色気のなさでございますよ。大体夜も夜中にカメラ持って女一人で写真撮ってるってだけで、十分色気も何もありゃしませんけどね。


 ま、そんなこんなで、撮ってきた、今日の一枚でございます。
 後ろの木は桜ですが、ソメイヨシノですので、まだ咲いてません。
 桜が咲いたころにもう一度遠征する予定ですが、その時丁度満月になるかどうかは、神のみぞ知る・・・なのでございました。



 拍手コメントありがとうございます
 お返事を追記へ・・・・・


 

 
スポンサーサイト
2017_03_21


02  « 2017_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

吉野御前

Author:吉野御前
 うっかり買ってしまった「ヤマト全シリーズDVD」で病が再発してしまったオールドファン。

 鹿児島県は喜界島に続いて、今度は伊豆の片田舎に期間限定で生息中です。

 

リンクバナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。