上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


IMG_1103 (640x427)
(里帰りした喜界島にて)

 なんだかんだで、またもや二月も間が空いてしまいました。
 毎度ご無沙汰しております、吉野御前にございます。

 いや~、この2か月もホントは書きたいことがたぁ~んとございました。

 主に、「抱かれたい男一位」の4巻のレビューとか、「抱かれたい男一位」のドラマCD4のレビューとか。
 どんなにトータカさんがカッコ可愛くて、強気だけど健気で、いじらしいかとか・・・。
 チュン太が・・・・
 チュン太ぁ~~~!!てめぇ浮気なんぞしやがってぇぇぇぇ!おそらく計略だろうが、なんかの思惑あっての偽装だろうが、それでも許さん!トータカさんは傷ついてる!だから許さんぞ!
 ・・・けど。ホントにあんたって手段を選ばない男だったのね・・・・そこが好き。
 とか。

 まぁ、おおよそ脳内は未だに「抱かれたい男一位」で一杯だったわけでございますが。


 実はその間には、韓流時代劇の「鄭道伝(ちょん・どじょん)」にも嵌っておりました。
 できればこっちのレビューも書きとうございますねぇ。
 いやだっで。
 「マジかこの展開とキャラ! 濃すぎるだろ?!」
 「なにコレ?これって歴史BL!?」
 ・・・っと思ったりするなどして、実に、実に面白い作品なのでございます。
 もちろん、歴史ドラマとしてめっちゃ良い出来なのは言うまでもございませんよ?。そもそもソコをクリアしていない限り、ワタクシの心は決して動かないし、萌えも無い。ので、作品の面白さが第一でございます。
 この作品、まずもって、脚本も演出も、最近の韓流歴史ドラマの中ではかなり重厚でしかも正統派な造りなのが宜しゅうございますね。それに伴ってキャストの皆さんも実力派ぞろい。しかも芝居が皆「アニメか?」と思うほどにめっちゃ濃い。
 物語も歴史の転換期の大きなうねりとか、滅びゆく国に殉ずる人々の悲哀とか、結果として友人や信頼してくれた人を裏切ってしまう事への苦悩とかが、これでもかっと描かれております。「大河ドラマは昔の方が良かったね」と言われる方々には強く推薦いたしますところ。
 そんな作品ですが・・・いや、それだからこそ、「火の無いところに水煙を上げる」事を身上とする昭和的な腐女子の目には、その実に濃い男たちの人間関係や政治闘争、友情と執着、そして裏切りが、めっちゃ、その、腐って見えるわけでございまして。

 まぁ、ともかくも、面白いのでございますよ。

 「抱かれたい男一位に脅されています」も、「鄭道伝」も、現在絶賛語りたいモードでございますれば、今後もチョコチョコ書かせて頂くことになるかと思われます。
 あ、もちろんその手のシーンについて書く際は、キチンと隠しますのでご理解の程を。

 さて。最近老眼でモニター見るのもチト辛いので、本日はこれにて。
 拍手コメントへのお礼は、明日にでも改めて・・・・。


スポンサーサイト
テーマ : 腐女子の日記    ジャンル : アニメ・コミック
2017_06_04


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

吉野御前

Author:吉野御前
 うっかり買ってしまった「ヤマト全シリーズDVD」で病が再発してしまったオールドファン。

 鹿児島県は喜界島に続いて、今度は伊豆の片田舎に期間限定で生息中です。

 

リンクバナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。